STORY.1 気候変動に向き合って、誰もが願う幸せな社会へ - change
STORY.1
気候変動に向き合って、
誰もが願う幸せな社会へ
この星に住む君が幸せであるように
未来を少しでも良いものにしたい
気温の上昇
生物の減少
目をそむけたくなる現実に
少しだけ向き合ってみるために
その気持ちの手助けがしたい
changeする明日のために

世界には約170万種を超える生物が存在していると言われています。それらは、様々な形でつながりあい、支えあいながらこの場所を分かち合っています。

私たちもそのつながりの一員としてこの星の上で暮らしていますが、生活の中で大量にエネルギーを消費することによって排出されるガスにより、この星の様子は大きく変化しようとしています。

温室効果ガスの影響は、私たちからすればほんの少しの気温上昇に過ぎないかもしれませんが、地球規模になると世界の気候や生態系を一変させ、多くの種を死滅させるほどの大きな変化となります。そうなってしまえば、多くの動植物から恩恵を受けて豊かな生活を送っている私たちの生活も大きく様変わりします。

近年では各国政府や国際的な大企業による環境問題への取り組みが大きく注目されており、連日テレビやインターネットで発信されています。地球の未来がかかった人類規模の大問題ですが、一方でどこか遠い世界の出来事のような、実感のわかない問題であることも事実です。メディアは危機感を煽るように語りかけてきますが、気になる答えはなかなか教えてくれようとしません。

「私にできることがあればいいけど…」とか「いったい私はどうすればよいの?」という気持ちの迷子が心の中で行き場所を失ってモヤモヤとさまよってしまいます。

changeはあなたの想いの手助けをしたい。

気候変動を私たちの身近な問題として捉え直す助けになるように、独自のAI技術を用いて一人ひとりに合わせたカタチでパーソナライズされた環境アクションを提案します。大企業や政府が対応するだけではとても間に合わないぐらい大きな問題だから、私たちが少しづつ行動変容することで大きなうねりを作り出し、世界を変えていきましょう。

たくさんの"ひとり"の想いを環境貢献につないでいけるよう、changeにそのお手伝いをさせてください。

戻る