ソーラーシェアリングとは - CHANGE(チェンジ)

太陽光発電投資について ソーラーシェアリング

ソーラーシェアリングについて01 ソーラーシェアリングって何?

農地の上に太陽光パネルを設置して、農業を続けながら太陽光発電も一緒に行う手法のことを言います。農業と太陽光パネルとで、太陽光(ソーラー)を共有(シェア)する手法のため、この名称がつけられています。

ソーラーシェアリングについて02 メリット・デメリット

ソーラーシェアリングならではのメリット・デメリットの理解

一般的な太陽光発電のメリットに加え、農業就農者の跡継ぎ問題の解決、耕作放棄地を活用できるなど、農業の様々な課題を解決する手法として期待されています。デメリット面は、農地を太陽光発電所として使うための手続きや、営農を継続して行う体制を整える必要があることです。

メリット

  • ソーラーシェアリング メリット1
    2つの収入源

    農業での収入と太陽光発電の収入と二つの収入源になる

  • ソーラーシェアリング メリット2
    生産者の負担減

    太陽光発電での収入が加わるため、生産者の負担が減る

  • ソーラーシェアリング メリット3
    メンテナンス費の削減

    発電期間中(20年間)農業をするため、草刈りなどのメンテナンス費用がかからない

  • ソーラーシェアリング メリット4
    就農者の増加

    安定収入になるため、新規就農者を増やす手立てになる

  • ソーラーシェアリング メリット5
    グリーンエネルギーの普及

    設置場所のハードルが下がるため、グリーンエネルギー普及に繋がる

デメリット

  • ソーラーシェアリング デメリット1
    設置費用がかかる

    太陽光発電所の建設のためには 設置費用がかかります。

  • ソーラーシェアリング デメリット2
    農地転用の手続き

    ソーラーシェアリングでは、一般的な太陽光発電建設の手続きに加え、農地の一時転用申請が必要になります。

  • ソーラーシェアリング デメリット3
    生産状況の報告

    設置する地域の農業委員会に生産状況の報告が必要になります。生産量は近隣の8割以上行わなければなりません。

  • ソーラーシェアリング デメリット4
    10年毎の農地転用申請

    農地を太陽光発電所として活用するために定期的に申請が必要となります。

ソーラーシェアリングについて03 なぜCHANGEで
ソーラーシェアリングを
採用するのか

毎月貯まったチェンジコインをいつでも現金に

「農業の再生とエネルギー問題を同時解決するため」です。
農業は、国を支えてきた大きな産業ですが、現在多くの問題を抱えています。新規就農者の減少や高齢化が進み、後継者がいなくなり、放置される農地は年々増加しています。

その課題や問題を解決する手段が、ソーラーシェアリングです。
太陽光発電は、人の手をほとんど必要とせず、収入を安定的に生み出すので、農業に専念することができます。また、自然の力だけを使って発電する方法なので、とってもエコで日本のエネルギー自給率向上に繋がります。

つまり、ソーラーシェアリングは
①農地を再生させ、農業をより活性化させるシステム
②日本のエネルギー自給率を向上できる

仕組みなのです。
CHANGE(チェンジ)は日本の農業とエネルギー問題を同時に解決に導くためにソーラーシェアリングを採用しています。

グリーンエネルギー環境