太陽光発電投資の仕組み - CHANGE(チェンジ)

太陽光発電投資について 太陽光発電投資の仕組み

仕組み01 太陽光発電投資とは?

相場の影響を受けずに安定した利益を得られる

太陽光発電投資は、太陽光発電所を設置し、発電所が生み出した電気を電力会社に売却して利益を得る投資の方法です。太陽光で発電した電気の売却価格は「固定価格買取制度」によって国が定めた単価で、産業用であれば20年間もの間買い取ってもらえます。そのため、相場の影響を受けずに安定して利益を得ることが出来る投資方法です。

仕組み02 CHANGEの仕組み

太陽光発電所を分譲購入し、発電所の売電収益を分配。
スマホ1台で太陽光パネルのオーナーに。

CHANGE(チェンジ)は、日本国内の遊休地や耕作が放置された農地に大型の太陽光発電所を建設し、それを分譲という形で、最小1ワット(税込み200円~300円)から購入できる、今までにないサービスです。今までは、まとまった金額がなければ開始できなかった太陽光発電投資を、少額から、現実的な予算の範囲で始めることができます。太陽光パネルを設置する広い土地も必要ないので、どこに住んでいてもスマホ1つで太陽光発電投資を開始でき、すぐに太陽光パネルのオーナーになれます。販売価格には、メンテナンス費用も含まれます。発電開始後は、私達が責任を持って運転管理をし、オーナーの皆様には負担やストレスが一切ない太陽光発電投資ができます。 購入後、オーナーの皆様は、購入金額に対して年間およそ6.0%~10.0の売上金を受け取りながら、同時に日本や世界のエネルギー環境に貢献することができます。

CHANGEの仕組み

仕組み03 売電収入が入るまでの流れ

  • Flow01 Flow01 ワット買い ワット買い

    CHANGE(チェンジ)は、大規模な商用太陽光発電設備を対象に、自分の欲しい分だけワットを購入することができるサービスです。 決済方法は、クレジットカード、口座振替または保有しているチェンジコインでの購入の3つから選べます。

  • Flow02 Flow02 電力会社に送電 電力会社に送電

    太陽光発電設備は、パネルに太陽の光が当たると、電気を生み出します。生み出した電気は、電力会社と連系されたケーブルによって送電されます。
    太陽光発電所の発電量の集計は、各発電所の発電開始後、1ヶ月周期で行われます。

  • Flow03 Flow03 売電収益を分配 売電収益を分配

    検針から半月ほどで電力会社から売電収益が入金されます。
    オーナーの皆様には、電力会社からの入金が行われてから3営業日以内に管理費を引いた売電収益をチェンジコインとして、保有しているワット数に応じて公平に分配いたします。

  • Flow04 Flow04 換金・追加購入 換金・追加購入

    オーナーの皆様に分配されたチェンジコインは、好きなタイミングでAmazonギフト券または銀行振込で換金が可能です。 貯まったチェンジコインは、ワット買いにも使うこともできます。
    入金タイミングの詳しい説明は、 よくある質問 をご覧ください。

  • OPTION OPTION ワット売り ワット売り

    ワット売りはいつでも1ワット単位で売却して現金化できる仕組みです。 太陽光発電所を持っている期間は毎月売電収入をもらいながら、現金が急に必要になった時には、売却して現金化できます。

安心保証